どのようなトレーニングジムにいけばいいか

公開済み 11月 14, 2012 by motsu in トレーニングの基本
Pocket

フィットネスジムor公営ジム?

フィットネスジムと県営・市営や学校など公営ジムのメリット・デメリットについて挙げていきます。

フィットネスジムのメリット
・設備が良い
・トレーニングレベルの高い人がいて勉強になり、モチベーションも上がる
・高い会費を払っているので強制力が働く

フィットネスジムのデメリット
・会費が高い
・初心者には敷居が高い

公営ジムのメリット
・コストが安い
・敷居が低い

公営ジムのデメリット
・設備が少ない
・近所の学生やおじいさまやおばあさまがいる

それぞれに良し悪しがありますね。

ジムのロケーションは?

「通いやすい」これが最重要ファクターです。
自分がトレーニングを続けられているのも、ジムが自宅から歩いて5分というのもあると思います。

まとめ

要は、通いやすければフィットネスジムでも公営ジムでもなんでもいいと思います。
ちなみに自分は、自宅から歩いて5分の市民体育館で利用料は1回140円です。
月に8~10回行っても1,500円以内で収まります。
一通り、設備はあるので一般人がトレーニングするには充分です。
あの、ボビー・オ○ゴンも県営ジムで充分だと言っていたそうです。



No Response to “どのようなトレーニングジムにいけばいいか”

Comments are closed.