ウエイトリダクション法(ドロップセット法)

公開済み 11月 7, 2012 by motsu in トレーニング方法, トレーニングテクニック

ウエイトリダクション法とは

ウエイトリダクション法とは一言で言うと、レップ数は同じで徐々に負荷を下げていくトレーニング方法です。
ドロップセット法ともいいます。

リダクション【reduction】とは、縮小・削減という意味です。

ウエイトリダクションを5セットで組むとすると、

1・2セット ウォーミングアップ 負荷50% 10レップ
3セット目 負荷80% 10レップ
4セット目 負荷70% 10レップ
5セット目 負荷60% 10レップ

同じ負荷で続けていくと、セットごとにレップ数が減っていってしまうところですがウエイトリダクション法では負荷を減らしていくのでオールアウトしやすくなります。

筋肥大に効果があります。



No Response to “ウエイトリダクション法(ドロップセット法)”

Comments are closed.