スティッキングポイント

公開済み 1月 13, 2013 by motsu in 用語集
Pocket

スティッキングポイントとは

スティッキングとは直訳すると「粘着」とか「付着」で
ポイントは「点」なので
「固まる点」みたいな意味になります。
つまり、筋トレでスティッキングポイントというのは動作の中で
力が入りにくく動きが止まってしまう箇所ということです。
トレーニングをしている人でもそうでない人も、イメージはつくかと思います。

トレーニングには様々な種目がありますので、種目ごとにスティッキングポイントがあります。
ベンチプレスにはベンチプレスの、スクワットにはスクワットの一番きついポイントがあるのです。

関節や筋肉のつき方などの人体の構造上が原因で、動作の角度などによってそのポイントはバラバラです。

このスティッキングポイントを逆に活用したトレーニング方法で「パーシャルレップ法」があります。



No Response to “スティッキングポイント”

Comments are closed.