ネガティブレップ

公開済み 3月 17, 2013 by motsu in トレーニング方法, トレーニングテクニック
Pocket

ネガティブレップ法とは

ウエイトトレーニングの動作は、ウエイトを上げる動作と下げる動作に分けられます。
上げる動作をポジティブといい、下げる動作をネガティブといいます。
別の言い方でそれぞれコンセントリック/エキセントリックともいいます。

ネガティブレップとは、このネガティブな動作をゆっくり行うテクニックです。

ネガティブレップのやり方

※できれば補助の人がいたほうがいいです。補助がいなければマシンで。

通常のトレーニングセットを終えたあとで2セットほどネガティブレップを取り入れる。
ウエイトを上げたら、下ろすときは3〜5秒かけてゆっくり下ろす。
これを2~3回繰り返す。

1分30秒あたりから↓

ネガティブレップの効果

筋肥大に非常に効果的。
ネガティブな動作(ウエイトを下げるとき)は筋肉が伸びている状態です。
実はこのネガティブが重要で、筋肉痛が起こるのもこの動作に関係しています。
ネガティブな方が筋繊維が壊れやすいんですね。

ただし、効果がある反面、オーバーワークになりやすいので注意しましょう。



No Response to “ネガティブレップ”

Comments are closed.