寝違えた時に筋トレしてもいいの?実際に試してみた結果・・・

公開済み 6月 24, 2017 by motsu in コラム

先日、寝違えてしまいました。

今までに無いくらい痛みがひどく、デスクワークしていて書類を見るために下を向くだけで痛くて脂汗がでちゃうくらいです。

3日ほど痛みが続いて4日目くらいからやっと治まってきた感じです。
体の調子が悪いとやっぱりテンション下がりますね。

初日はとてもジムに行く気がしなかったのですが、次の日にトレーニングしてみました。

そのあたりの経験を書かせていただきます。

本当は筋トレしないほうがいい

寝違えの一番の治療法は安静にすることだそうです。
筋トレとは真逆ですね。

寝違えて痛みがある時は、筋肉や腱にダメージがある状態です。
そこにさらに筋トレで筋肉に追い打ちをかけるのは怪我のリスクも上がるし、筋トレの効果も下がってしまいます。

以前ダルビッシュ投手も寝違えが原因で登板を見送ってました。
一流アスリートも寝違えるんですね。

大丈夫かな?と思いつつもとりあえずやってみてダメそうだったらやめよう、ということでトレーニングしてみました。

筋トレしても大丈夫だった

結論から言うと、トレーニングしても痛みが悪化することはありませんでした。

ただし、やった部位はあまり影響が無さそうな胸と二頭です。
気分的にも100%でやったわけではなく、軽めです。
ベンチプレスなどで高重量を使うのはやめておいて、ダンベルフライ、ケーブルクロスオーバー、ディップスなどで低重量高回数でやりました。

血行を促進したり、ストレッチすると寝違えの痛みが改善されることがあるようなので、もしかしたら筋トレで同じような現象が起きたのかもしれません。

※あくまでも個人的な経験なので、本当は筋トレしないほうが良いです。

寝違えの治し方

あまりにも痛みがひどかったり、治りが遅い時は病院に行ってください。

自分で押したりもんだりせず安静にするのが一番良いようですが、ググってみたら自分で治せる方法というのがあったのでご紹介しておきます。

医療マンガのゴッドハンド輝で掲載されていたそうなのですが、全然知らなかったです。

  1. 痛みがある方の手首の力を抜いて腕を後ろに上げて20秒キープ
  2. そのまま肘を後ろに引いて手のひらをベルトの真ん中に当てて20秒キープ

これだけです。

実際やってみたら、ちょっと軽くなったかな?という感じでした。

しかし、そもそも寝違えないのが一番です。

まず変な姿勢やソファーで寝ないように気をつけます。

オーダーメイドの枕もいいなーと思ってます。
たかが枕かもしれません。
しかし毎日使うものだし、人生で一番触れているものかもしれないので良いものを使ったほうがいいかもです。

全国の店舗で製作・調整・メンテナンス可能。オーダーメイド【マイまくら】



No Response to “寝違えた時に筋トレしてもいいの?実際に試してみた結果・・・”

Comments are closed.