最もよく聞かれる質問。「筋トレは週に何回?」について。

公開済み 11月 10, 2016 by motsu in コラム
Pocket

筋トレをしているとか、ジムに通っているというのが周りにバレてくると(別に隠しているわけではありませんが)10人中8人から聞かれるのが

「週に何回行ってるの?」

という質問です。

私の場合は平均週4回くらいなので、そう答えると大体「そんなに?」と驚かれることが多いです。
トレーニングが大好きなので本当は毎日でも行きたいですが、さすがに厳しいです。

「こいつ、ちゃんと仕事してんのか」とか「余程暇だな」と思われているかもしれません・・・
「なに目指してるの?」と言われることもあります。
実際、トレーニング以外に趣味は無いし、時間の使い方の中でトレーニングの優先順位は高いです。

なぜ人は週何回かを気にするのか

そもそもなぜ週に何回かを聞くのでしょう。

「週に何回やると効果的?」という感じではなく、なんか反射的に「週何?」て聞いてきます。
で答えるとディスられることもあるので、少し悲しいです。(あまり気にしてませんが)

人間の時間の単位で月とか週とか日があるし、ほとんどの人の仕事や学校が一週間単位で休みのサイクルがあるので、当たり前と言ったら当たり前かもしれません。

でも、何かを上達させたり、成果を出すためには週に何回という考え方はしないほうがいいかもしれません。

アスリートやミュージシャンが週に何回練習するとか決めているでしょうか?
おそらく決めていないでしょう。

自然と回数は増える

トレーニングも本気でやろうと思うと自然と回数は増えていきます。

最初は全身のトレーニングを週に1〜2回とかで始めると思います。

それでも最初は筋肉がついていって体が変わると思いますが、各部位の筋肉に対して刺激が足りなくなり、成長が止まります。
面白くなるのはそこからです。

そうなるとトレーニングプログラムを考える必要があります。

このパターンは限りなくありますが、「どこの筋肉をどのくらいの頻度でやるか」というのを決めます。

結論から言うと、
中3〜4日で刺激を与えるのが最適なようです。
週に1回だと少なすぎるし、中1日とか2日だと短すぎて回復が出来ません。

じゃあ、「1回で全身をやって週に2回でいいじゃん」と思うかもしれません。

これは上にも書いたとおり、筋肉は刺激に対して耐性がついていきます。
耐性の範囲内で刺激を与えても成長しません。

筋肉を発達させるためにはその筋肉を疲れ切らせることや、新しい刺激を与えることが大切なので、1回のトレーニングで全身をやるのは、時間的にも体力的にも難しくなるわけです。

ですから、1回で鍛えるのは1〜2部位になります。
それを中3〜4日でやるとなると、自然と週に4〜5回トレーニングすることになります。

まとめ

ライフスタイルやトレーニングに対する考え方は人それぞれなので、トレーニングプログラムも人によって変わってきます。
ジムに行こうと思っていた日に、行けなくなってしまうこともあります。
そんな時は、その後のプログラムをどうするか考えないといけません。

週に何回やるのがベストということはなく、週に何回可能かということも関係してきます。

ですから、週に何回やるかというのはトレーニングプログラム次第です。

あ、あとジムに月会費を払っているのでたくさん行ったほうがお得(?)ですし。



No Response to “最もよく聞かれる質問。「筋トレは週に何回?」について。”

Comments are closed.