背中のトレーニングをレベルアップしたい人はリストストラップを使うことをオススメします。

公開済み 9月 23, 2013 by motsu in コラム
Pocket

リストストラップを使用し始めて1ヶ月が経ちました。
結論から言うとコレ、いいです。
もっと早く買っておけばよかったと思いました。

→リストストラップ購入ページ

リストストラップを買った理由

筋トレは漸進性の原則というのがあって、少しずつ負荷をあげていくことが大切です。
実際に少しずつ扱う重量も増えてきたのですが、ある悩みに直面していました。
それが、「ロウ系の種目をやるとき、ターゲットの背中が疲れる前に先に前腕や握力が疲れる」
ということです。
ベントオーバーロウやラットプルダウンなどで回数を続けていくと、バーを持っていられなくなるのです。
前腕や握力のほうが背中の筋肉や筋力がより小さいので先に疲労してしまうんですね。手の平も痛くなるし。
まだ背中の力が残っているのにトレーニングを終わらせざるを得なくなるので、期中の筋肉を追い込めないのです。

リストストラップの事は知っていましたが、そこまでやらなくてもいいかなという気持ちがありました。
しかし、より効果的なトレーニングがやりたいと思い購入してみました。

リストストラップを使うメリット

  • 前腕が先に疲労しにくくなる
  • グリップ力が上がる
  • よりハードなトレーニングができる
  • 安全性が上がる

リストストラップを使うことで、握力の補助をしてくれるので前腕が疲労しにくくなります。
さらにバーをリストストラップの上から握るので摩擦力があがり、滑りにくくなります。
滑りにくくなるので、バーを手から急に離してしまうというリスクが下がるので安全性があがります。
これらのことで結果的によりハードなトレーニングができるようになるということです。

ただし、握力の補助をしてくれるということは握力は鍛えられなくなります。
それはそれで別に握力のトレーニングをやればいいでしょう。

リストストラップの使い方

  1. リストストラップを輪っかにして、手首に巻く。この時ストラップが親指と人差指の方に出るように。
  2. バーを握る時に手の平とストラップでバーをはさみ、ストラップをバーに巻きつける。
  3. ストラップの上からバーを握ってトレーニング開始

キツく巻きつけないと意味が無いので、しっかり巻きつけて手首に負荷がかかるようにしましょう。
コツは巻きつけたあとに、バイクのアクセルのように手首を動かすと締まります。

IMG_2937-2IMG_2938-2IMG_2939
IMG_2940 IMG_2941 IMG_2942

最後に

リストストラップを使いようになってから、ホントに背中のトレーニングの効きが違います。
値段も1,500〜3,000円程度なので、費用対効果は高いと思います。

→リストストラップ購入ページ



No Response to “背中のトレーニングをレベルアップしたい人はリストストラップを使うことをオススメします。”

Comments are closed.