30代で筋トレをすると最も成果が出やすい理由。

公開済み 9月 18, 2013 by motsu in コラム

10代、20代のころはあまり運動をしてこなかったけど、30代になってトレーニングを初めてナイスバディーになったという人は意外に多いものです。
本来であれば、30代になると成長ホルモンの分泌量がガタ落ちして体型がくずれやすいのになぜでしょうか。
今回は30代から筋トレを初めて効果をあげている人のメンタルやその理由について考えてみます。

30代になると一気に太りやすくなるから

30代になると、いろいろな理由から体型が崩れやすくなってしまい実際に太ってしまう人が多いです。
若い頃はそれなりの体型を維持していたのに急に太り始めたことで、危機感を感じてランニングやトレーニングを始める人がいるのです。

女性で言うと、20代より30代の方の方が脂肪を溜め込みやすい女性ホルモンの分泌が少ないので痩せやすいと言えます。
ただし、脂肪の質が変わって来て20代までは脂肪が付いてもムチッとしている感じですが、30代になると柔らかい脂肪になってセルライトになってしまいます。
これを防ぐために筋肉をつけようとするのです。

ここでやるかやらないかで大きな差がでて二極化します。
やらない人のほうが多いですが、ぜひやる方の人に入って若々しくいたいと思いませんか?

あとが無いと思うから

10代、20代の内は多少太っても「まだ若いからすぐ痩せるよ」と言えます。
ただし30代オーバーになってくると本気でヤバいという危機感を感じる人が多くなります。
実際には何歳になっても筋トレの効果はでますが、「ここでなんとかしないと」と思ってマジメに努力するので効果がでやすくなります。

効果を実感しやすいから

年齢を重ねていくと、体型の変化だけでなく体調の変化も出てきます。
運動不足にもなりやすいので、体の内外のいろんなところにガタが出てきます。

この不調はトレーニングで解消できることがかなり多いのです。
実際私自身も、筋トレを始めてから腰痛や肩こりや偏頭痛が無くなりました。

体型も体調もよくなって一石二鳥なので、トレーニングを継続しやすいと言えます。

最後に

30代になると、家庭や仕事といった環境の変化も大きくなり自分の体と向き合う時間も少なくなりがちです。
でもそんな人にこそ筋トレをやってほしいです。
なにもガチの筋トレをしなくてもいいのです。
体を整える感覚でいいでしょう。
筋肉を動かしてあげればコンディションが全然違ってきます。
1日10分からでもいいので始めてみてはいかかでしょうか。



No Response to “30代で筋トレをすると最も成果が出やすい理由。”

Comments are closed.