• プロテインは筋肉がついている実感がない
  • 筋トレしても成果を感じない
  • 最近お腹の脂肪がヤバい
  • ガリガリの体をなんとかしたい

エイチエムビーマッスルプレスならそのお悩みを解決できるかもしれません。

公式サイト

業界トップクラスのHMB45,000mg配合【HMBマッスルプレス】

HMBマッスルプレスの効果

HMBマッスルプレスの成分は、HMBカルシウムです。

ではHMBを飲む意味とは何なのでしょうか。

結論から言うと、筋肉を作るスイッチを入れることです。

筋肉をつくるスイッチは2つあります。

一つはハードな筋トレ。
もう一つが栄養です。

筋肉の栄養と言うと、プロテインじゃないの?と思う方が多いかもしれません。
もちろんプロテインも大切です。タンパク質はたくさん摂りましょう。

しかし、プロテインだけじゃ弱いんです。

実は30年以上に渡って、250種類のサプリメントの効果を研究した分析によると、
筋肉と筋力を明らかに増やすサプリメントは、HMBとクレアチンだけだったというデータがあるんです!

これ、飲まなきゃダメですよねw

さらに詳しく言うと、次のような効果も認められています。

  • 筋肉の減少を防ぐ
  • アンチエイジング
  • 体脂肪を減らす
  • 有酸素運動能力の向上

HMBが口コミで話題になっている理由

最近になってよく見聞きするようになったHMBですが、なぜだと思いますか?

海外では1990年台から人気がありました。

しかし、日本で認可されて販売できるようなったのは2009年なんです。

日本のサプリメントメーカーは、開発・販売を始めましたが、ファーストペンギンになるところも少なく、しかもどうしても高額になってしまってました。

それがここに来て徐々に開発費や市場の影響もあり、価格が下がってきたのです。

トレーニーの間でもこの値段なら試してみよう!という人も増えていったのでしょう。
実際飲んでみるとこれは凄い!となって口コミなどで人気が上がってきている状態です。

HMBマッスルプレスも95.4%の人が実感があったと回答しています。

HMBマッスルプレスの飲み方・量とタイミング

HMBマッスルプレスは効果がないと言う人もいるかもしれませんが、正しい飲み方をしてないだけの可能性が高いです。

そこで、HMBマッスルプレスの本当の効果を得るために正しい飲み方を書いてみたいと思います。

といっても超簡単なんですが。。

まず量です。

HMBの効果を出すのに必要な量は一日に3gとされています。

多くの研究でもこの量が使われていて、HMBの効果が出ています。

HMBマッスルプレスだと12粒です。最低でも10粒は飲みましょう。
公式サイトでは一日6粒となってますが、ハッキリ言って6粒だと1.5gなので少ないです。

もったいないからと言って量を減らしたりしないでください。

次に飲むタイミングです。

これは12粒を2回〜3回に分けて飲みます。

HMBは飲んでから2時間半くらいで、血中濃度が半分程度になります。
ですから小分けに飲む必要があるのです。

HMBマッスルプレスは小さいボトルに入っていて、持ち運びも楽なので、食事のタイミングなどで一緒に飲めばいいでしょう。

HMBマッスルプレスの効果を引き出す筋トレ

HMBを飲んだだけでは筋肉は付きません。
上に書いたように、筋肥大のスイッチはハード筋トレは必要です。

ここでは少し筋トレのポイントについて書いてみたいと思います。

筋肉はストレスに対する反応で肥大する

少し前までは超回復理論が主でしたが、超回復とは、筋肉そのものの発達ではなく、筋肉の中のグリコーゲンが回復するものだと分かってきています。

実際に筋肉そのものが発達するメカニズムは、ストレス反応です。

筋肉に対して、物理的・化学的にストレスを与えてあげれば発達するんです。

物理的ストレスとは、筋肉に対して強く大きな負荷をかけることです。
ダンベルやバーベルが必要になるでしょう。
1セット8回〜10回くらいで限界になる重さでやります。

化学的ストレスとは、筋肉が低酸素状態になったりして過酷な状況になることです。
パンプアップなどがそうです。

化学的ストレスは、15回〜20回出来る重さで負荷が抜けないようにしながら筋トレするのがポイントです。

とにかくフォームが大事

ハッキリ言って、筋トレは効かないフォームでやっても意味がありません。

私も最初はYouTubeなどで観て、自己流でやってましたが、ちゃんと教わってからは効きが全然違い、体もガラッと変わりました。

教わるかどうかは別としても、ただウエイトを上げ下げするのではなく、鍛えている筋肉を伸び縮みさせながらウエイトを動かすことを意識してください。

おすすめの筋トレ種目

初心者の方であれば、まずはベンチプレス、スクワット、デッドリフトのビッグスリーのフォームをマスターして、重量を増やしていくのがいいでしょう。

それに加えて、強化したい筋肉の種目をプラスしていきます。

例えば大胸筋ならダンベルフライ、背中ならラットプルダウン、脚ならレッグプレス、腕ならダンベルカールやプレスダウンなどです。

関連記事>>>筋トレ初心者がやるべき種目10選

元ボクシング世界チャンピオンの長谷川穂積さんもおすすめ

元ボクシング世界チャンピオンの長谷川穂積さんも、引退後は体をキープするためにHMBを飲んで筋トレに励んでいるそうです。

HMBマッスルプレスの最安は公式サイトの1ボトルで4,950円

最後にHMBマッスルプレスを最安で買う方法をご紹介させていただきます。

HMBマッスルプレスはアマゾンや楽天でも購入できます。
しかし1ボトル定価の6,700円です。

公式サイトだと1750円オフの4,950円で買えます。
送料代引手数料は無料です。

3ヶ月の定期プログラムとなってますが、いつでも変更停止OKです。

一度プロテインをやめて、その費用をHMBに充ててみてもいいかもしれませんね。

公式サイト

業界トップクラスのHMB45,000mg配合【HMBマッスルプレス】