私自身サラリーマントレーニーなので、ジムに行けない日が続くことがあります。
やっぱり暗い気持ちになっていってしまいます。

でも「今日は仕事で疲れたからトレーニングは休もう」とか「時間が無くてトレーニング出来ない」なんて思ってしまうこともあります。
いかんですね。

充分とは言えないまでも、工夫次第で時間が無いなりにトレーニング出来ます。
「トレーニングへの欲望」と「集中力」と「知識」があれば。

トレーニング出来ない環境が良いことも

とある高校野球部は、甲子園に出場するほどの強豪ですが、野球部のレギュラーでも東大を目指す生徒もいるほど勉強でも名門です。

この野球部は全体での練習時間は1日に2時間もないくらいだそうです。
さらにテストの一週間前からは部活禁止などのルールもあります。

強豪の野球部と聞くと毎日何時間もハードな練習をしているイメージがありますし、実際そのようなチームも多いでしょう。

ではなぜこのようなチームが結果を出せるのか。

もちろん個人個人が「自分が選んだ道」だという強い自覚があります。
野球が上手くなりたい、強いチームになりたいという欲望があります。

その欲望がある上で制限された環境での練習になると内容の濃い練習が出来るそうです。
長時間やらされる練習ではなく、自分で課題を見つけ練習に取り組んでいくことが出来るそうです。

また、勉強への集中が野球をすることへの欲望を呼び、集中力の相乗効果が生まれているんだそうです。

トレーニングに限らずですが、「集中力」は超重要なファクターです。

いつでも好きな時にトレーニング出来てダラダラやるよりは「トレーニング出来るのはここしかない」という状況だと、まず1回1回のトレーニング内容が濃くなるし、どうすればこの状況で成果を上げられるかという工夫が出来る様になると思います。

限られた環境でのトレーニングには知識があったほうがいい

「今日はジムに行けそうだからまずはあの種目をやって、次はあれをやって・・・」というように軽く計画を立てたものの、いざジムに行ったら混んでたりで思うように出来ないなんてことは私自身もよくあります。

前はイライラしてしまうこともありましたが、最近は「じゃあ、代替種目でやってみよう」とか「今日はスロトレとかネガティブレップでやってみよう」とかプラス思考で取り組むようになりました。
代替え案を頭に入れておきます。
トレーニングをやりに行って、ストレスになったら元も子もないですからね。

普段はバーベルでやっている種目をダンベルでやってみることもあります。

結構あたらしい発見があったりするんですよね。

知識があればいろんなアレンジが出来ると思います。

そのためにはいろんな書籍を読んだり、DVDを見たり、またはパーソナルトレーナーについてみるのもいいと思います。

特に「時間に余裕は無いけど、これからトレーニングを始めたいという人」にはパーソナルトレーナーについて無理矢理にでもトレーニングをする状況を作ってしまえば、時間を作れるようになれると思います。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

短時間でもトレーニング出来る

以前は何となくトレーニングは1時間と決めてしまっていたのですが、最近は30分でもジムに行くようにしています。
少しでも出来る時にやるという気持ちですね。

もちろん30分で全身を鍛えるのは難しいので、ひとつの部位だけやるようにしています。
ひとつの部位だけであれば、30分あれば3~4種目できるので結構キツイです。

ここでも短時間で筋肉を追い込めるように心がけて、スーパーセットやレストポーズなどを取り入れています。

また、どうしてもジムに行けなくても平日は自宅で出来ることをやって、休日にはジムに行ってガッツリやるということもあります。

充分なトレーニングじゃなくても「今日はトレーニング出来た」という気持ちにもなるし、気持ちもリセット出来てストレス軽減にもなります。

最後に

なんだか本題からは外れた話にもなってしまいましたが、どんな環境でも気持ちさえあればトレーニング出来ると、自戒を込めて思います。
自分に言い訳しないようにしなきゃです。
トレーニングは本当に楽しいものです。