ソウタ

今年は筋トレをやろうと思ってるんだ。

ハルト

お!いいね!ぜひやった方がいいよ。
筋トレのメリットは底知れないからね。
この世で一番メリットがあるよw

ソウタ

でも何から初めて何をすればいいかよく分からないんだけど。

ハルト

じゃあ、最初に3つの心得をお教えしよう!

  • ひとつ、最低限の知識をつけるべし
  • ふたつ、目標を立てるべし
  • みっつ、ジムに行くべし

ひとつずつ解説していきます。

筋トレに関する最低限の知識をつける

私の周りでも、筋トレを始めようとか始めたという人はいるのですが、何も分からないという人が本当に多いです。
実際に話しを聞いてみると、
胸の筋肉を付けたいけど、何をすればいいのか分からないとか、
どんな種目があって、その種目はどこを鍛えるものなのかとか。。。

当たり前といえば当たり前なんですが、本当に筋トレに関する情報って認知されてないんだなって思います。

何も分からないというなら、まずは基礎知識を身に着けましょう。

例えば、ギターをはじめようと思った時に、ギターを入手するのは当然ですが、入門書を買ったりして弾き方を調べて学ぼうとすると思います。

筋トレも同じです。
下記の本のような、入門書をまずは一冊読んでみることをオススメします。

もっと詳しく知りたいならマニュアルもあります。

本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル~筋トレの本質が分かる~

ただし、知識だけでは筋肉は付かないので実践も同時にやります。

学びながら実践→分からないことが出てきたらまた調べて実践の繰り返して上達していくでしょう。

目標を立てる

私は「コンテストに出る」という目標を立ててからは、気持ちがグッと入ったし、体もどんどん変わりました。

なりたい体は人それぞれだと思いますが、目標があった方が絶対に良いです。

コンテスト出るまではいかなくても、筋トレしながら10キロ増やすとか、ベンチプレスで何キロ何回出来るようにするとか、腹筋を割るとか、何でもいいです。

ゴールを設定して上げると、そこまでの道筋が明確になるので、行動が変わります。

ジムに行ってみる

ここで言うジムに行くという意味は、設備が整っている環境で筋トレしましょうということです。

最低限のバーベル、ダンベル、マシンなどです。

ですから、自宅に揃えられる人なら自宅でもOKです。

最初は家で、腕立てとかから始めるという人もよくいますが、私は器具を使ってやることを強く推奨します。

なぜなら、圧倒的に効率がいいからです。

腕立て伏せは主に胸筋を鍛えるための種目ですが、負荷が自分の体重以上になることはありません。
60キロの人なら、最高でも60キロです。

器具を使うとそれは、100キロでも200キロでも可能になります。

でも、ジムに入会するのはお金がかかるからヤダ。という人にオススメなのが、公共の施設です。

多分、ほとんどの地方自治体が運営している体育館とかスポーツセンターみたいなのがあって、そこにトレーニングスペースがあると思います。

そういうところは、1回数百円とかで利用できるので、ぜひ調べて足を運んでみてください。

関連記事>>>【超初心者向け】筋トレしたくてジムに来たけどメニューとか分からない人の為のチュートリアル

まとめ

やろう!と思い立ったが吉日です。
すぐに行動してください。

スポンサーリンク