関東地方はここ数週間、夜なんか少し肌寒いくらいの気温でしたが、天気予報によるとそろそろ30度超えの日が続いていきそうとのこと。

夏なのに太陽が出てないのはちょっと寂しいけど、暑いのはそれはそれでヤダ。
ワイシャツとスラックス暑すぎ!
Tシャツ短パンで出勤したい。。。

暑くなると不快なものの一つが
筋トレでかく汗は気持ちいいですが、普段のジトーっとかく汗は気持ち悪いです。

多汗症までいかないまでも、汗っかきな方の私ですが、肌もちょっと敏感気味です。

汗+肌弱い=あせも

の完成です。

子供の頃からあせもには悩まされましたが、去年の夏に結構ひどくなりました。
大体毎年下の写真のように。肘の反対のところがかゆくなってかいて、かぶれちゃう感じです。

今回は同じような症状が首まで来ました。
あせもっていうか汗かぶれ?

でも今はあせもの悩みは解消出来ました。
そしておそらく今後もあせもになることは無いでしょう。

市販薬は効かなかった

まずは最初に市販薬を買いました。

正直言って全然効きませんでした。

人によって合う合わないがありそうだし、結構ひどくなってからだとダメかもしれません。

治らない時はすぐに皮膚科へ

経験上、皮膚の悩みは皮膚科に行けばすぐ治る、というのが私の持論です。
(なんで市販薬買ったんだ)

評判が良い皮膚科に行きました。

あきもと皮フ科クリニック

女性の院長先生、肌ツルッツル。
土曜日の朝8時半くらいに行ったのですが、診察を受けられたのは11時位。

診察は1分位で終わりましたが、もらった薬ですぐ治っちゃいました。
噂に違わぬ名医。
行ける方はオススメです。

あせも対策は清潔第一

治ったので結果オーライですが、今後のために対策法を聞いてきました。

シャワーで洗い流す

まず一言目に言われたのが、
汗をかいたらシャワーで流すのが一番良い
とのこと。

あせを肌に付いたままにするのがダメ。
こまめにシャワーを浴びましょう。

私は服を脱いで全身に浴びるのが面倒くさい時は、洗面所のシャワーで頭突っ込んで首を流してます。

汗ふきシートはマストアイテム

シャワーを浴びられない時もたくさんあります。
そんな時のために汗ふきシートを常備しておきましょう。

私は会社の引き出しに顔用とボディ用の両方完備です。

通勤でかなり汗をかくので、会社についたらすぐに拭き取ってデスク用扇風機で涼みます。
ガチの真夏になると、肌着を着替えることもあります。

夕方に顔がベタベタになって来たときには顔用でサッパリします。

まとめ

発症したら病院に行くしかなくなるので予防が大事です。
常に肌を清潔に保ちましょう。
ニオイ対策にもなります。