johncena_1_full_20140120John-Cena-Biobf8019703acb14f62682066cc3c362cf

どうですか?
かっこ良くないですか?

この人はアメリカのプロレス団体WWEのスター選手であるジョン・シナという人です。
最近知ったのですが、かっこいいカラダしてますね。

マッスル・アンド・フィットネスの表紙もになってました。

今回はこのジョン・シナについて調べたのでまとめておきます。

ジョン・シナのプロフィール

  • 本名 ジョン・フェリックス・アンソニー・シナ
  • 1977年生まれ
  • 身長 185cm
  • 体重 109kg

獲得王座:WWE王座、世界ヘビー級王座、US王座 世界タッグ王座、WWEタッグ王座

リングの外では非常に真面目で優等生。
ラップが得意。
北斗の拳のファン。

プロレスラーの中でもやたらいいカラダしてるなと思ったら、やはり昔はボディビルダーだったようです。
ゴールドジムの受付として働いていたそうです。

ジョン・シナのトレーニング

ジョン・シナはボディビルダー的なトレーニングをしています。
5分割です。

1日目 – 脚とふくらはぎ

  • シーテッドカーフレイズ – 10 セット, 10 〜 20 レップス
  • スタンディングカーフレイズ – 4 セット, 25 レップス
  • スタンディングシングルレッグカール – 4 セット, 20 〜 25 セット
  • レッグプレス – 5 セット, 20 レップス
  • レッグエクステンション – 4 セット, 15 レップス
  • スクワット − 4 セット, 10 レップス
  • ハックスクワット − 3 セット, 15 レップス
  • シングルレッグエクステンション − 3 セット, 10 レップス

2日目 – 胸

  • インクラインバーベルプレス – 5 セット, 20 レップス
  • マシンフライ– 3 セット, 15 レップス
  • インクラインマシンプレス– 5 セット, 20 レップス
  • ケーブルフライ– 3 セット, 15 レップス
  • ベンチプレス– 3 セット, 10 レップス

3日目 – 腕

  • スタンディングバーベルカール– 3 セット, 10 〜 12 レップス
  • プリーチャーカール– 5 セット, 12 レップス
  • シーテッドダンベルカール– 3 セット, 10 〜 12 レップス
  • スタンディングケーブルカール– 3-4 セット, 12 レップス
  • オーバーヘッドエクステンション– 3 セット, 20 レップス
  • ローププレスダウン– 3 セット, 20 レップス
  • シングルアームケーブルプレスダウン– 3 セット, 10 レップス
  • ライイングエクステンション– 6 セット
  • シーテッドエクステンション– 3 セット, 20 レップス

4日目 – 肩

  • リアデルトマシンフライ – 5 セット, 2o レップス
  • ダンベルラテラル– 3 セット, 12 レップス
  • マシンオーバーヘッドプレス– 5 セット, 20 レップス
  • マシンサイドラテラル– 5 セット, 20 レップス
  • シーテッドミリタリー– 3 セット, 10 レップス
  • スタンディングバーベルプレス– 3 セット, 10 レップス

5日目 – 背中

  • ラットプルダウン– 5 セット, 20 レップス
  • シュラッグ– 5 セット, 20 レップス
  • ベントオーバーロウ– 5 〜12 セット, 20 レップス
  • プルアップ– 4 セット
  • ダンベルロウ– 5 〜 12 セット, 20 レップス
  • デッドリフト– 4 〜 8 セット, 15 レップス
  • ハイロウ– 4 セット, 20 レップス

ジョン・シナの食事プラン

以下はジョン・シナのダイエット食事プランです。

  • 食事1 -アップルソースとレーズンオートミール、全卵2個と卵白6個。
  • 食事2 – プロテインバー。
  • 食事3 -野菜、鶏胸肉2枚と玄米。
  • 食事4 -マグロ、全粒粉小麦のピタパン。
  • 食事5 -バナナとホエイプロテインシェイク。
  • 食事6 -パスタや玄米、野菜、鶏肉や魚とサラダ。
  • 食事7 -低脂肪のカッテージチーズ、カゼインプロテインシェイク。

ジョン・シナが日本に来る!

なんとそんなジョン・シナがWWE公演で日本に来ます。

7月10日、11日に東京、7月12日に大阪です。

あのハルク・ホーガンも来るみたいです。

詳しくは公式HPをどうぞ。

WWEはプロレスですが、完全にエンターテイメントショーです。
プロレスラーはある意味、演者ですね。

日本の新日本プロレスとかとは趣向が違います。

MMAのリアルファイトもいいですが、こうゆうのも実際に見てみたいです。