ボディビル世界一を決める大会で3連覇!「フィル・ヒース」について。

公開済み 10月 5, 2013 by motsu in コラム, ボディビル

2013年現在の世界一のボディービルダーをご存知でしょうか。
実はそれを決める大会である「Olympia」(オリンピア)が9月末にラスベガスで開催されていました。
日本では全くと言っていいほど注目されてませんが、アメリカではフィットネス人口も多いので一大イベントです。
そこで、今年のチャンピオンになったのが「フィル・ヒース」で2011年から3連覇を達成しました。
今回はこの通称「The Gift」ことフィル・ヒースにスポットを当ててみます。

フィル・ヒースという人物とは

基本情報

フルネーム:フィリップ・ジェロッド・ヒース
生年月日:1979年12月18日、ワシントン州シアトル生まれ
身長:175.2cm
オンシーズン体重: 113.3kg
オフシーズン重量: 127.0kg
腕: 58.42cm
脚: 81.28cm
ふくらはぎ: 50.8cm
ネック: 46.99cm
ウエスト: 73.66cm

フィル・ヒースについて

幼い頃からバスケットボールをやっており、デンバー大学の時にはシューティングガードとして活躍。
徐々により激しいトレーニングを求めるようになり、ボディービルに焦点を移行するようになる。
2002年10月に本格的にボディービルディングを始める。

1日3回だった食事を6,7回に変えて、83.9kgだった体重がすぐに97kgに成長。
ただし、体脂肪率は6%に絞っていた。
2003年には初めてコンテストに出場し、いきなり優勝する。

順調に実績を積み重ね、2011年ミスターオリンピアに輝く。

趣味は犬と戯れながら読書、ゲームをすること。
好きな俳優は、デンゼル·ワシントン、トム·ハンクス、アル·パチーノ

主なコンテスト受賞歴

2013 – IFBB Mr. Olympia (1位)
2012 – IFBB Mr. Olympia (1位)
2011 – IFBB Mr. Olympia (1位)
2010 – IFBB Mr. Olympia (2位)
2010 – IFBB Arnold Classic (2位)
2009 – IFBB Mr. Olympia (5位)
2008 – IFBB Arnold Classic (2位)
2008 – IFBB Mr. Olympia (3位)
2008 – IFBB Iron Man Pro
2006 – IFBB New York Pro
2006 – IFBB Colorado Pro
2005 – NPC USA

フィル・ヒースのトレーニング


インクラインベンチプレス4 X 10
フラットベンチプレス4 X 10
デクラインベンチプレス4 X 10
フラットダンベルフライ 4 X 10

背中
プルアップ 5-7
ベントオーバーロウ 5 X 8-10
ラットプルダウン 5 X 8-10
シーテッドロウ 5 X 10
バックエクステンション 5 X 12
デッドリフト 3 X 8-12

上腕二頭筋
ダンベルまたはバーベルカール 4 X 10
プリーチャーカール 4 X 10
インクラインカール 4 X 10
ハンマーカール 4 X 10
プッシュダウン 4 X 10
スカルクラッシャー 4 X 10
ドンキーキックバック 4 X 10
ディップス 3-4


バーベルミリタリープレス 3 X 8-10
サイドレイズ 3 X 8-10
フロントレイズ 3 X 8-10
リアレイズ 3×10
DBミリタリープレス 3 X 12
アップライトロウ 3 X 12

大腿四頭筋/ハムストリングス
バックスクワット 3 X 8-10
レッグプレス 3 X 10
レッグエクステンション 4 X 10
ハックスクワット 3×10
ウォーキングランジ
45度ランジ 2×10
スタンディングレッグカール 3 X 10
ロシアンデッドリフト 4 X 10
ライイングダウンレッグカール 4 X 10
シーテッド·レッグカール 4 X 10

ふくらはぎ
スタンディングカーフレイズ 3 X 14-20
シーテッドカーフレイズ 3 X 12-20
シーテッドカーフエクステンション 3 X 12-16

フィル・ヒースのトレーニング動画



No Response to “ボディビル世界一を決める大会で3連覇!「フィル・ヒース」について。”

Comments are closed.