SERIOUS FITNESS FOR EVERYBODY(=全ての人々に本当のフィットネスを)
ゴールドジムのキャッチコピーです。

フィットネスクラブは数多くありますが、世界中の人に「フィットネスクラブと言えば?」という質問をしたら最も多い答えが「ゴールドジム」ではないでしょうか。

ゴールドジムはどんなトレーニングのレベルに関わらず多くの人を満足させるからではないでしょうか。
ということでゴールドジムにスポットを当ててみます。

ゴールドジムの基本情報

まずは簡単なヒストリーから。

下記は公式HPより。

1965年、ボディビル・コンテストの最高峰『Mr.OLYMPIA』が開催され、ラリースコットが初代チャンピオンに輝いた年、ジョー・ゴールドは“マッスル・ビーチ”として有名だったカリフォルニア州ベニスに、長年の夢であった本格的なボディビルのジムをオープン。彼の名を冠した『ゴールドジム』の誕生であった。

1975年、鍛え抜かれた体で「オーストリアン・オーク(オーストリアの樫の木)」の愛称で呼ばれていた元カリフォルニア州知事、アーノルド・シュワルツネッガーが6度目のMr.OLYMPIAのタイトルに輝く。そして、彼が出演した映画『パンピングアイアン』の公開に伴い、ゴールドジムは“世界で最も有名なジム”と呼ばれるまでに成長し、世界中のボディビルダーが多数訪れるようになった。

“THE MECCA OF BODYBUILDING(=ボディビルの聖地)”このキャッチコピーは、まさしくゴールドジム・ベニスにつけられたもので、当時は人々の健康への関心が高まっていたことから、ゴールドジムの名前は一般にも広く普及した。この頃、サンタモニカのセカンドストリートに移転。その後、ライセンス・ジムの1号店をサンフランシスコにオープン。女子ボディビル・コンテストの最高峰『Ms.OLYMPIA』をはじめ、各種コンテストのスポンサーになった。

1981年、現在のハンプトンドライブに移転。1985年、キャッチコピーは、“Results for everybody=全ての人々に結果を)”に。そのコピーどおり、ゴールドジムのメンバーの中から、ハルク・ホーガン、マイケル・ジョーダン等の有名選手が結果を出し、ニコラス・ケイジやシルベスター・スタローンなどのスター達も、ハリウッドの舞台で大いに活躍。

1990年、25周年を迎えたゴールドジムは多くの映画や雑誌で取り上げられる。それはまさに、現在のキャッチコピー SERIOUS FITNESS FOR EVERYBODY(=全ての人々に本当のフィットネスを)”を実践するものだった。

1997年、ロシア・モスクワにオープンし、500店、200万人を達成。世界最大級ネットワークのフィットネスクラブとなる。2008年現在では、30カ国、650店以上、300万人を超えるメンバーが利用。GOLD’S GYMブランドの栄養補助食品やトレーニング・アクセサリーには、40年以上の実績と多くの一流アスリートを輩出した経験と知識が活かされている。

日本では、1995年に有限会社スィンク(現在は株式会社THINKフィットネス)が米GOLD’S GYM FRANCHISING(GGF)社とフランチャイズ契約を締結し、日本初のGOLD’S GYM「ゴールドジム イースト東京」を開設しました。

今年は米ゴールドジムは50周年、日本は20周年のメモリアルイヤーです。

世界30カ国、国内50店舗、会員300万人

まさに世界最大級のフィットネスクラブです。
日本ではフランチャイズ店を含め約50店舗もあり、新店舗も続々オープンしています。
中でも、さいたまスーパーアリーナ店や表参道店は設備の充実度、キレイさに驚きます。

ゴールドジムの会費は?

会員種別はたくさんありますが、代表的なものだと
マスターゴールド・・・18,000円 全店舗営業時間いつでも利用可 タオル、ウェア、シューズのレンタル可
ゴールド・・・15,000円 入会した店舗のみ営業時間いつでも利用可 タオル、ウェア、シューズのレンタル可
フルタイム・・・10,000円 入会した店舗のみ営業時間いつでも利用可
ビジター・・・1回分5時間まで利用可
などです。

トレーニーが集まる理由

設備がケタ違い

とにかく何と言っても設備が凄いです。
設備と言ってもトレーニングマシンの種類や数もそうですし、有酸素運動や日焼けタンニングマシンもそうです。
ところ狭しと並んでます。
例えば背中を鍛えるためのマシンだけで、7,8種類あったりします。

マシンのメーカーも、STRIVE、NAUTILUS、HAMMER STRENGTH、ICARIAN、FLEX FITNESS、GALAXY SPORTS、TECAなどたくさんあります。

また、ダンベルの数やバーベルにつけるプレートの重さも充実してます。
トレーニングだけじゃなく、ヨガ、ダンス、格闘技などのスタジオプログラムもあります。

トレーニングのレベルを上げられる

設備がいいから、トレーニングもレベルアップできます。
トレーニングのよくある悩みとして、ジムが混んでいてやりたいことが出来ない、というのがあるのですが、ここまで設備が充実しているの少しはその問題が解消できます。
また、トレーニング上級者になるほど、細かい部分の筋肉をくまなく鍛えるようになります。
鍛えたいターゲットの筋肉群をいろいろなマシンや種目で鍛えられるからゴールドジムに来ます。
さらにトレーナーもゴールドジム認定制になっていてしっかりしてます。

周りの人からいい刺激を得られる

ゴールドジムはボディビルダーやアスリートなどプロフェッショナルも利用してます。
ちなみにボディビルの日本1位と2位はゴールドジム(THINKフィットネス)の方です。
プロじゃなくても、すごい体の人がたくさんいます。
もちろん、健康のために利用しているらしき年配の方やダイエット目的の女性の方もたくさんいます。
上級者の方のトレーニングを見ると、勉強になるし、モチベーションもあがります。
でもゴールドジムのウェアを着るのは少し勇気がいります。

立地、営業時間がいい

トレーニングは継続が大事です。
そのためにはジムに入会しても通い続けられる環境であることが重要です。
ゴールドジムはほとんどの店舗が早朝から深夜まで開いていて、24時間営業の店舗もあります。
また、駅前にある店がほとんどで、行きやすくなってます。

プロテインバーがある

プロテインが飲めるカウンターバーがあるのも嬉しいです。
サイズが通常(プロテイン30g)とハーフがあって、値段は通常が300円くらいだったと思います。
チケットを買ってカウンターのスタッフさんに渡すと作ってくれます。
味も何種類かあって、どれも超美味しいです。

さらに高タンパク低脂肪のお弁当なんかもあります。
ただし、ゴールドジムのサプリメントは少しお値段が高いです。

ゴールドジムあるある10連発

  • スタッフがデカイ
  • 大量のプレートをマシンに付けてトレーニングしている人がいる
  • それでも余りあるプレートの量
  • 同じ部位の筋肉を鍛えるマシンが何台もある
  • どう見てもボディビルダーという人が多い
  • ボディビルダー同士は仲が良さそう
  • スキンヘッド率が高い
  • タンクトップ率も高い
  • キレイな女性も多い
  • ジムバックを持ち運びながらトレーニングしている人が多い

最後に

なんだかべた褒めみたいになってしまいましたが、実際ゴールドジムは素晴らしいです。
でも他にも良いジムはたくさんあると思いますし、自分に合ったジムを選ぶのが一番ですね。

関連記事>>>ゴールドジムを退会する方法。休会中の人は要注意!