先々週の水曜日に風邪をひいて少し体調が悪かったのですが
まあ大丈夫だろうと油断して通常通りのトレーニングをしていました。

その後土曜日、火曜日、木曜日、土曜日、日曜日とトレーニングをしたところ
今週完全に風邪をぶり返してしまって、ツライ思いをしているところです。

いい機会なので、筋トレと体調について調べてみました。

体調不良の時のトレーニング

結論から言うと、体調悪い時はトレーニングはやめましょうということです。

風邪に関して言うと、治し方は人それぞれコツがあるかもしれません。
運動して汗を流したほうが、早く治るという人もいるでしょう。
ただし、基本的には静養しておくべきです。

実際私も、先々週のトレーニングでウエイトとエアロバイクをやった時に
かなり汗をかいたので水をたくさん飲みながらやって、終えた頃にはかなりスッキリしていました。
これは治ったかななんて思っていたら、治っていなかったんですね。

筋トレはカラダを弱くする?

風邪をひくというのは、体内に悪性ウイルスが入ってしまい体に悪い影響を及ぼす状態です。
体が弱っている時はこの悪性ウイルスの影響を受けやすくなってしまいます。
そしてトレーニングの後はまさに体が疲れきっていて免疫力が低下してしまっているのです。

実はボディービルダーやアスリートほど風邪をひきやすいようです。

風邪は予防が一番大切

風邪はひいてしまうとあきらめて静養するしかありません。
治るまではトレーニングができないのはもちろん、仕事や勉強といった日常にも支障をきたしてしまって良いことは1つもありません。
ましてやインフルエンザなんかにかかってしまったらシャレになりません。

つまり、風邪はひかないようにすること一番大切なのです。
ポイントは

  • ウイルスが入らないようにする。
  • ウイルスが入ったときに備えて免疫力をあげておく。

の2点です。

ウイルスが入らないようにするのは、①うがい・手洗いをする。②マスクをする。③体が疲れすぎないようにするなどです。

免疫力を上げておく方法は、①栄養をバランスよくしっかりとる。②タバコを吸わない。③ストレスとためない。ということです。
とくに栄養は重要で、にんにく・バナナ・ヨーグルト・豆類が免疫力アップにいいそうです。

あとはサプリメントをうまく活用するのもいいでしょう。
ビタミンCやマルチビタミンやグルタミンが効果ありです。

2年ほど前にトレーニングを始めてからというもの、栄養にも気を使うようになって体調を崩しにくくなっていたので油断してました。もう若くないし無理は禁物ですね。
早くトレーニングしたいので栄養とってたくさん寝て治します。

スポンサーリンク