「温故知新」
故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る

前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。

長年トレーニングしていても、新しい発見をしたときは嬉しいですね。

いや、常に新しい発見をしないと成長はないのかもしれません。

今までほとんどというか全くやってなかったのですが、最近ハマっているエクササイズがあります。
それが「プルオーバー」です。

なぜプルオーバーをやったのか

最近胸のトレーニングに停滞期を感じていました。
何か新しい刺激を与えたい、すなわち新しいエクササイズを取り入れたいと思っていました。

何をやるか・・・

胸のトレーニングと言えば、基本はプレス系かフライ系です。

これらの動作は腕を体の前で、「前後に動かす」か「開け閉めする」動きです。
当然それは両方やっています。

それでもいろいろアレンジは出来ると思うのですが、ピンと来たのがプルオーバーです。

プルオーバーは体の前で腕を縦に動かします。

プルオーバーは背中の種目と言われることもありますが、胸にも効くと何かで見た記憶がありました。

プルオーバーをやってみて

やり方はいろいろありますが、ここでのプルオーバーは正確にはベントアームプルオーバーです。
ベンチに仰向けになり、両手にダンベルを持って、頭の下から胸の前まで持ってきます。
フレーフレーみたいな動きです。

10回3セットやってみました。

やっている途中で感じたことは

  • かなりキツイが追い込みやすい
  • 胸と背中の筋肉がストレッチされて大きく動いている
  • 上腕三頭筋にも効いている

かなり好感触でした。

翌日、来ましたね。新しい筋肉痛が。
使っていなかった筋肉を刺激できました。

プルオーバーのポイント

プルオーバーのポイントはウエイトを深々と下げて、動作範囲を大きくすることです。

そうすることで、肩関節や肩甲骨の可動域が広がります。
肩関節や肩甲骨が硬い人は、最初は難しいかもしれませんが続けていけば、効果を実感できるはずです。

関節が動くようになることで、他のトレーニングにもいい影響が出てきます。

プルオーバーはやっている人をあまり見かけませんが、上半身全体に効くいいエクササイズだと思います。
オススメです。

スポンサーリンク