主動筋(しゅどうきん)とは、その名の通り主に動く筋肉、筋肉と関節を使って動作する際に
収縮する筋肉です。

対して、拮抗筋(拮抗筋)とは主動筋が収縮している時に弛緩・伸張している筋肉のことを指します。

例えば、肘を曲げていくと上腕二頭筋(力こぶのところ)が縮まっていくのが分かります。
このとき、上腕三頭筋(力こぶの反対、二の腕といわれるところ)は伸びています。
肘を伸ばしていくと、上腕三頭筋は縮まって、上腕二頭筋は伸びていきます。

この主動筋と拮抗筋をインターバル無しにトレーニングする方法をスーパーセット法といいます。

スポンサーリンク