「いい体になりたいけど運動が続かない・・・」
「今日は筋トレしようと思っていたけど、やる気が出なくて出来なかった・・・」

そんな事が重なると、自己嫌悪してしまったり、「筋トレしなきゃ」という思いがストレスになってしまうかもしれません。

確かに気が進まないことを週に何回もやるなんて無理ゲーです。

でも安心してください。
「仕組み」が出来ていないだけで、そこに意思の力は関係ないのです。

ということで運動を「仕組み化」できそうな方法を書いてみます。
仕組み化して筋トレをイージーモードにしましょう。

参考になれば幸いです。

スケジュールに入れる

「今日は早く帰れたらジムに行こう」など、「行けたら行く」のスタンスではなく、「何時にジムに行く」というように時間を決めて予定に入れてしまうといいと思います。

仕事で社内のスケジュール管理のシステムを使っている人は多いと思います。
お客さんとのアポや、会議の予定などがスケジュールに入っていると、気が乗らなかったとしても予定通りに行動しますよね。
それと同じです。

例えば、毎週月曜日と木曜日は、20時にジムという予定を入れてしまいます。

最初は嫌々でも、筋トレは中毒性があるので、そのうち習慣化され、やらないと気がすまなくなるというのはよくある話です。

筋トレする理由を複数作る

筋トレする理由が、「いい体になりたい」とか一つだけだったり、ふわっとしていると、「疲れるからやらない」という理由に負けてしまいます。

  • 筋肉がつく
  • ダイエットになる
  • 気持ちがスッキリする
  • ストレス発散になる
  • ぐっすり眠れる
  • 体調が良くなる
  • 肩こりや腰痛が改善される

など、理由を複数立てておくと、
「筋トレを頑張る」>「疲れたからやらない」
と気持ちがやる方に踏みとどまります。

関連記事>>>脳科学から教わる、筋トレのやる気がでない時を打破する最も効果的な方法とは。

自分の過去の成功体験を分析する

物事が続けられるモチベーションは人それぞれですが、それは自分が今まで生きてきて経験したこと、感じたことによる部分が大きいです。

周りがどう言おうと関係ありません。
過去を振り返ってみて、楽しかったことや続いたこと、今でも続いていることなどを思い出して、「なぜ?」と考えてみてもいいと思います。

その延長線上に好きな自分がいるかもしれません。

まとめ

体づくりでは、運動と栄養管理が大切です。
でもそれを、少しの間やっても正直意味がありません。

いちばん大切なことは、続けることです。
今日の筋トレが明日以降の自分を作ります。

仕組み化すれば、継続はイージーモードになります。

スポンサーリンク