ソウタ

筋トレしてるとあくびが止まらなくなる時があるんだけど?

ハルト

そういう人をジムでもたまに見かけるね。

ソウタ

なんだかやる気も下がって来ちゃうんだけど、何かいい対策はない?

筋トレ中のあくびの原因

筋トレ中にあくびが出る原因は、
筋トレをやることで起きた、低血糖、血圧の乱高下、脳内の酸素不足が考えられます。

低血糖も低血圧も、脳の働きがにぶくなってしまいます。
そこで、あくびをすることによって、脳の神経を活性化させたり、酸素を脳に送り込むようにしています。

筋トレ中は低血糖になりやすい

低血糖とは、血液中の糖分が減ってしまう状態です。
糖質は体のエネルギー源であり、特に筋トレはそのエネルギーを多く使います。

ですから筋トレをしているときは、低血糖になりやすいのです。

筋トレは血圧が大きく動く

さらに筋トレは血圧が上がったり下がったりします。
あくびもそうですが、気分が悪くなってしまう人もいます。

種目にもよりますが、スクワットやベンチプレスなどの体全体に力が入るような種目は思い切り踏ん張るので血圧があがりやすいです。
また、筋トレすると鍛えた筋肉に血液が一気に流れ込みます。これがパンプアップです。

終わった後は、元通りになろうとするので体の中で血液が大きく動いているんです。

足の筋トレを頑張ってやると、血液が下半身に集中してしまって気持ち悪くなってしまうこともあります。

筋トレ中のあくび対策

筋トレ中にあくびが止まらなくなると、何かおかしなことが起きているサインです。
筋トレのやる気も下がってきてしまうので、避けたいところです。
対策は以下のようなことがあります。

空腹で筋トレしない

空腹の時は、エネルギー不足ですでに血糖値が下がっている状態です。
そこで筋トレするとさらに追い打ちをかけてしまいます。
筋トレの効果も出にくくなります。
1時間位前には軽くでも食事を摂りましょう。

ウォーミングアップはしっかり

体中に血液を循環させるように、ウォーミングアップをしましょう。
力が入らなくなるので、筋トレの前は筋肉を伸ばすような静的ストレッチは不要です。
体を大きく動かす動的ストレッチで、体を温めましょう。

筋トレ中にエネルギーを補給する

筋トレをやっているうちにもエネルギーが枯渇していきます。
簡単なところだと、吸収が早い糖質が入っているスポーツドリンクを飲みながらやりましょう。
自分でワークアウトドリンクを作るのもアリです。

関連記事>>>筋肥大したいなら水だけじゃダメ!筋トレ中のオリジナルドリンクの作り方。

筋トレ中に息を止めない

息を止めて踏ん張ると、血圧が急上昇します。
基本は、挙げながら吸って、下ろしながら吐きます。

さらにインターバルには大きく呼吸をしましょう。

ただし重いのを使う時は、挙げる時には息を止めてしまうのは仕方ありません。
その時には1回毎に大きく呼吸をしましょう。

関連記事>>>”呼吸力”を上げよう!筋トレをレベルアップさせる呼吸法とは。

睡眠不足や疲れが溜まっていることもある

筋トレしていると体はかなり疲れます。
睡眠はしっかり摂りましょう。
睡眠の質を上げるにはZMAなどのサプリメントが良いです。

さらに回復に役立つ栄養も大切です。
基本は筋肉の材料になるタンパク質をしっかり摂って、体内のグリコーゲンを回復するために糖質も摂ります。
鶏胸肉は、タンパク質が豊富で疲労回復にも良いカルノシンが含まれているのでオススメです。

筋トレの後は、吸収の早いプロテインを摂って、しばらくしばらくしたら白米などがある普通の食事を摂ります。
あとはサプリメントで言うと、クエン酸グルタミンマルチビタミン&ミネラルが回復には効果的です。

スポンサーリンク