ソウタ

ラットプルダウンって背中に効いているのかな?

ハルト

ラットプルダウンは簡単そうで結構コツがいるんだ

今回のテーマはラットプルダウンです。

おそらくこのマシンはどのジムにもあるし、やっている人を見ることも多いです。
私も背中のトレーニングでは必ずやります。
しかし、正直言ってもったいないやり方をしている人も多いように感じます。

ということで、ラットプルダウンの刺激を逃さずにちゃんと効かせるやり方を書いていきます。
意外と難しいので少しづつ身に着けていきましょう。

※初心者向けに基本的なワイドグリップ・オーバーハンド・フロントラットプルダウン(手幅を広げてバーを上から握って頭の前に引く)を前提とさせていただきます。

ラットプルダウンで鍛える筋肉

まず、ラットプルダウンで鍛える筋肉は広背筋と大円筋です。
下の画像の筋肉です。

ghrtgsdfvs

ここの筋肉を曲げ伸ばしさせることが肝心です。

背中の厚さではなく、広さをつけるための種目になります。
しっかり効くようになると、背中の広がりが出てきて逆三角形の体型に見えるようになります。

ではその為の動作はどのようにすればいいかというポイントです。

スポンサーリンク



ラットプルダウンの動作ポイント

まずバーの握り方は、小指と薬指でしっかり握って人差し指と中指は添えるだけです。
牛の乳搾りみたいな感じでしょうか。(やったことないですが)
親指はバーに巻かないようにします。

やはり大事なのは引く時です。
まず勘違いしがちなのが、ラットプルダウンを効かせるには肩甲骨の動きは関係ないということです。
肩甲骨を回転させたり、広げて閉じたりすると刺激は逃げてしまうので注意してください。
ロウイング系の種目では逆に肩甲骨を広げて閉じるようにしますが、ラットプルダウンでは違います。
肩甲骨は固定しましょう。

その為に、肘や脇は広げず内側に入れた状態のまま引きます。
胸は張りましょう。
肘の方向に引くのではなく、肘は内側に入れつつ引く感じです。

目線は斜め上45度くらい、アゴを軽く上げる感じです。
そしてそのまま脇をつぶすようなイメージで引きます。

引いたらゆっくり戻すのですが、この時肩甲骨が上がらないように、腕は伸ばしきらないようにします。

まとめると以下の5つのポイントになります。

  • 小指と薬指で握る
  • 肩甲骨は動かさない
  • 肘は内側に入れる
  • 脇をつぶすように引く
  • 戻す時に腕は伸ばしきらない

グローブとかパワーグリップは必須ですね。

【筋トレグッズ】パワーグリップをもっと早く買っておけばよかったと思った理由

ラットプルダウンの間違ったやり方

  • 体を前後に動かしすぎ
  • 使用重量が重すぎる
  • 明らかに腕の力で引いている

よく見かけるやり方です。
せっかくのトレーニングが無駄になってしまいます。

おそらく、上に書いたやり方でやると、このような動きは無くなると思います。
今まで知らなかったという人は、ぜひお試しください。

では以上です。

スポンサーリンク