もっと早く使っておけばよかったシリーズです。

リストラップです。

知らいない人のために一応言っておくと、リストラップとはリスト(手首)ラップ(巻く)という名前の通り、ウエイトトレーニングの時に手首にぐるぐる巻き付けるグッズです。

一文字違いでリストストラップというのもありますが、全然用途が違うので間違えないように注意しましょう。

なぜリストラップを使うの?


リストラップ使用する狙いは主に2つあります。

まず一つ目は、手関節(手首)の保護です。

ベンチプレスやショルダープレスなど、プレス系の種目をやる時には、手関節に大きな負担がかかります。
個人差はありますが、手首って結構細いですよね?
こんな細い関節に高重量の負荷がかかっているって、冷静に考えると怖いです。

私もダンベルショルダープレスで、スタートポジションに持ってきた時に、手首が後ろにグリンと反ってしまって「危なっ!」てなったことがあります。

リストラップで手関節を固定することで安定性・安全性をアップします。

トレーニングで起きる怪我の多くは関節に関するものです。

トレーニングを続けていくと誰でも一度はどこかしらの痛みに悩まされると思います。
最悪の場合はトレーニングが出来なくなるほどの怪我をしてしまうことだってあるでしょう。
怪我が癖になって治りにくくなってしまうこともあります。

それだけ怪我対策は重要なんです。

リストラップを巻いて高重量にチャレンジ

二つ目は、高重量を扱いやすくなるという点です。

リストラップ手首が固定されるので、使わないときより少し使用重量が上がります。
手首の安定感もあるし、メンタルの安心感もあるので、高重量にチャレンジしやすいです。

あと、「自分はまだ大したことないから・・・」という遠慮も全く無用です。

怪我には注意しつつ、マックス重量を上げていきましょう!

使わない方が手首が強くなる?

リストラップに限らず、トレーニングギアを使うと、その部分が強くならないのでは?という心配をする人もいるかと思います。
例えば、パワーグリップだと握力が強くならないとか、ベルトだと腹圧がどうとか。

私も以前は気にしてましたが、今はギアを使ったほうが充実したトレーニングが出来ると感じてバリバリ使ってますw

リストラップにしても、使って高重量を扱った方が手首が強くなると思います。

どのくらいキツく巻くの?

リストラップをどのくらいキツく巻き付ければいいのかに関しては、私も迷います。

ゴムなので思っきりキツく巻こうと思えば巻けますが、キツすぎると血流が悪くなり手首から先が紫になります。
かといって緩すぎても意味がありません。

巻いた後に手首を振ってみて、ガッチリ固定されていれば問題ないでしょう。

おすすめのリストラップ

買うなら普通に一番売れている、Schiek シーク リストラップ 24インチ ブラック フリーウェイトトレーニング用 (国内正規品)一択でいいかと。
信頼のブランドです。ロゴもカッコいい。

私もこれしか使ったことありませんが、何の不満もありません。

長さも24インチ(約60センチ)あって充分に長く、手首に5回転くらい巻けます。

色は、赤、ピンク、青、白から選べます。

もっと安いのもあるみたいですが、カッコ悪いし、強度の心配もあります。

スポンサーリンク