平常時は息を吸って吐くという行為は、無意識にやっています。
ただ、何か力を入れて動作する時って無意識に息が止まってしまいますよね。

筋トレをする時は意識して呼吸しないといけません。
息を止めてしまうのは非常に危険です。
特に初心者の人はつい忘れてしまいがちなので注意しましょう。

なぜ呼吸が大事なのか

筋トレをしているときは血圧が上がっています。
ここで息を止めてしまうと更に、血圧を上げることになってしまうんです。
更に心臓に負担がかかってしまい、筋肉を疲労させる前に息切れしてしまいます。

私も初心者の頃、スクワットしたあとに貧血みたいなカンジになってしまい、
30分くらい動けなくなってしまったことがあります。

息を吸うと体内や血液内に酸素を取り込みます。
血流もよくしてくれるんです。

ウエイトは息を吐きながら上げて、吸いながら下げることを忘れずやりましょう。

筋トレ以外でも呼吸は効果がある

誰でも経験があると思いますが、深呼吸したらリラックスできますよね。

人はつい呼吸が浅くなってしまいがちです。
私もデスクワーク中に、意識して呼吸を深くするようにすると肩の力が抜けて、
仕事の効率も上がった気がします。

深い呼吸というのは腹筋のトレーニングにもなるし、いろいろな効果があるんですね。
有酸素運動もより多く酸素を体内に取り込むことがポイントなんです。

ロングブレスダイエットも効くみたいですね。

酸素のパワーは計り知れませんね。

スポンサーリンク