初めからマッチョの人なんていません。
何もしていないのにかっこいいカラダしてる人もいません。

やっているんです。筋トレを!

そんな事は分かってますよね。
でも実際にいいカラダになろうとする人とそうでない人がいます。

今回ははじめの一歩を踏み出した人の為に書いていきます。

表現が雑だったり説明がざっくりだったりしますが、分かりやすくするためとハードルを下げるためです。あしからず。

【前提】

今回は自宅でのトレーニングではなく、フィットネスジムもしくは公営のトレーニング施設に行くことを決めた、または行き始めて間もない人が対象です。
また、トレーニングの内容はウエイトトレーニングです。

ジムに着く前

完全な空腹状態でのトレーニングはよくありません。

何か少しでもいいのでお腹に入れておきましょう。
バナナとかコンビニおにぎりとかでも良いと思います。
要はエネルギー源になる糖質を摂っておきます。
ついでに筋肉を作るスイッチを入れてくれるHMBもとかも摂っておくとさらに◯です。

関連記事>>>コスパファースト!HMBサプリメントのHMB含有量ランキングベスト3

ジムに着いてからまずやること

medium_181196330

トレーニングウェアは家から着てくるか、ジムで着替えるかですが、どちらにしても気合が入るお気に入りのウェアを着ましょう。
どこかでもらったサイズの合ってないTシャツとかはNGです。

さあ、ジムに着きました。

「なにやらマシンやらダンベルやらバーベルやら色々あってよく分からん。」
そうでしょう。

最初はジムの人が親切に説明してくれるかもしれません。
パーソナルジムでもないかぎり、次から次へと使い方を説明されて終わる頃には最初のなんて忘れてます。
ただし、ジムのルールやマナーの心は忘れないようにしましょう。

「さあ、後は1人で頑張って!」とほっぽり出されても何から手を付けていいか分かりません。
でもいいんです。
基本的にトレーニングは自分との戦いです。孤独な戦いです。

ここは一旦落ち着いて、体を動かす時に最初にやることがあります。
そう、ウオーミングアップです。

ジムまで走ってきたから暖まってるわ。という強者はいいですが、そうでない人は5分から10分くらい準備体操をしましょう。
いわゆるランニングマシーンがあればウオーキングしてもいいし、エアロバイクでもいいし、とにかく全身に血液が行き渡るようにアップしましょう。。

いきなりムリして怪我でもしたら最悪です。

最初に柔軟体操はやらなくていいです。

初めてのジムでの筋トレメニュー

medium_6950775849

充分に体も暖まったところで、トレーニング開始です。
最も大切なことは、「正しいやり方を身につける」ことです。

正しいやり方とはつまり、正しいフォームです。
フォームとは体の動かし方、ウエイトを使うならその軌道です。

軌道が定まっているものはそう、マシンです。

で、どのマシンをやればいいのか。
まずは「レッグプレス」「レッグエクステンション」がいいでしょう。
レッグプレスは両足でプレートを押すやつで、レッグエクステンションは足首あたりにバーがあって、膝を伸ばしてバーを蹴り上げるやつです。

↓レッグプレスはこんなの。

どっちかできれば両方を必ず10回〜15回で3セットはやってください。

なぜ最初に脚のトレーニングをやるかというと、1番大きな筋肉を使えるからです。
全身の筋肉が目を覚まします。同時に成長ホルモンが分泌しはじめて、身体が筋肉をつけるモードになっていきます。

次に行きましょう。

次は、「チェストプレス」というマシンか、ダンベルを両手に持って「ダンベルプレス」です。
チェストプレスはイスに腰掛けて、胸の高さあたりにあるバーを前に押すマシンです。
ダンベルプレスは、ベンチに仰向けなって胸のあたりでダンベルを上に上げる種目です。
これはマシンではなく、フリーウエイトになりますが、初心者でも取り組みやすいエクササイズです。

これもどっちかできれば両方を必ず10回〜15回で3セットはやってください。

ここまで行ったら次でもう最後です。

最後は「ラットプルダウン」または「ワンハンドダンベルロウ」でいきましょう。
ラットプルダウンは上にバーがぶら下がっていて、両手で体の方に引き下げるマシンです。
ワンハンドダンベルロウはベンチに片手片膝をついて、もう片方の腕でダンベルを引き上げるエクササイズです。

これもどっちかできれば両方を必ず10回〜15回で3セットはやってください。

トレーニング終了です。

関連記事>>>筋トレ初心者がやるべき種目10選

ジムでのトレーニングのポイント

このメニューは、主に脚と胸と背中のエクササイズです。
マシンもどのジムにでもありそうなものです。

「腕は?腕太くしたいんだけど!」と思う人でも大丈夫。
腕の筋肉もちゃんと使ってます。
最初は末端の筋肉ではなく、体幹、大きな筋肉から全身を鍛えていきましょう。
腹筋も使ってますし、腹筋なんて家でやればいいんです。

腹筋を割りたいという人は、シックスパックを手に入れるための5つのポイントで詳しく書いてます。

物足りないと感じたら、次回は重さを増やしましょう。
回数、セットではなく、重さを増やしてください。

動作がよく分からないという人は、スタッフに聞くか、いいカラダしている先輩のトレーニングを目で盗みましょう。

また、初心者だから周りの目が気になる、ジャマになっていないか不安だということもあります。
→マナーさえ守れていれば気にしなくていいです。

ジムが混んでいて、やりたい種目が出来ない、使いたいマシンが使えないという時もあるでしょう。
別にいいんです。
順番を変えてもいいし、空いているのがあれば試しに使ってみてもいいでしょう。

また、トレーニングについて調べるとネットでも本当にいろいろ出てくると思います。
正直、誤った情報も少なからずあります。

なにが正しいのか、どうすれば効果的なのか、考えてもキリがありません。
正解がないからプロでも試行錯誤しながらトレーニングしています。

スポンサーリンク



トレーニング終了後

さあ、トレーニングが終わりました。
ここからが筋肉がつく時間です。

ここもシンプルにいきましょう。

体を大きくしたい人は、とにかく食う。
特に肉などでタンパク質を摂って、炭水化物もしっかり摂ります。
カロリー収支は必ずプラスにします。

太っていると思う人は、カロリー収支をマイナスにします。
でもトレーニングの後は、せめてプロテインでも飲んでおきたいところです。

1日全体を通してのカロリーだけ注意です。

関連記事>>>筋トレ効果をグッと高めてくれる10の食品とは。

初心者がジムで気を付けたいこと

自分が使っていたマシンやスペースを、ガチ勢の人達が来ると、スッと譲ってしまっているような人を見かけます。
その人達に過剰に気を使う必要は無いと思います。
自分のトレーニングはやりきりましょう。

上にも書いたようにジムのマナーを守っていればいいんです。

もう一つ、ダンベルやバーベルなど「フリーウエイト」と言われるのも積極的に使いましょう。
マシンもいいですが、フリーウエイトの方が、安定させるための筋肉も使うので、効果は高いとされています。
怪我などしないよう、取り扱いには注意して、ガンガン使いましょう!

筋トレ初心者こそマシンばかりじゃなくて、ダンベルやバーベルを使ったほうが良い理由

最後に

1番言いたいことは、

最初は細かいこたぁ気にしなくていい。

ということです。

筋肉はすぐにはつかないので、まずは継続できる状態にすることが大切。
コツコツと積み重ねることです。

ここまで読んでみて、

  • 「1人で継続出来る気がしない」
  • 「筋トレのやり方や食事法が分からない、教えて欲しい」
  • 「どうしても1人だと続かない」
  • 「メニューの組み方がわからない」

という人は、最初だけRIZAPのような専門家が教えてくれるジムに通うのもアリだと思います。
体作りのきっかけやコツさえ使えば、あとは勝手に習慣になります。

ライザップの無料カウンセリング(30秒で登録)

ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

なんか偉そうに長々と書いてしまいましたが、トレーニングの魅力を多くの人に知ってほしいと思い、少々熱くなってしまいました。あしからず。

間違った筋トレで時間やお金を無駄にしたくないなら、筋トレマニュアルで学ぶのもいいと思います。

このマニュアルは19,800円ですが、1ヶ月あたりのコスト、1日あたりのコストで考えていただくと良いかもしれません。
365日計算であれば、1日あたりたったの55円です。決して高い金額ではないと思います。
消耗品ではなく、一生使えるので、一度身につければコストはどんどん下がります。

今だけ期間限定で通常なら6,480円の腹筋動画が無料で付いてくるみたいです。

私個人としては、お金よりも大切なのは「時間」だと思います。
なぜなら、お金は取り戻せますが、時間は取り戻せません。
今この瞬間も、時間は確実に過ぎていて、人生の残り時間は減ってます。

しかし、本気で体を変える気が無いなら買わないほうがいいと思います。
どんなにいいやり方や、どんなに良い教材を手にしたとしても、実践しなければ何も変わらないからです。

日本人男性専用トレーニング

スポンサーリンク