己の身体を鍛えあげて肉体を競い合う競技といえば?
そう、ボディビルです。

いいえ、ボディビルだけではありません。
今、”フィジーク”がキてます。

【Instagram】要チェック!国内外のフィジーク選手のインスタグラムまとめ。

ボディビルと聞くと顔をしかめる人もいるでしょうが、この「フィジーク」というジャンルの身体は誰が見てもカッコいいんです。
コンテストでは男性の場合はメンズフィジーク、女性はフィットネスビキニと言ったりします。
このような体のフィットネスモデルという人たちもいます。

百聞は一見にしかず。まずはこちらをご覧ください。

コンテストでの基本動作です。

フィジークとは

いかがだったでしょうか?

男だったら1番憧れるカラダではないでしょうか。

フィジークとは英語で「physique」と書き、意味は「体格(特に男性の)」という名詞です。
これを形容詞にした言葉が「physical」そう、フィジカルです。
こっちの方が馴染みがありますね。

つまりフィジークコンテストとは、体格・体型の美しさを競うということです。

ボディビルとフィジークの違い

bodybuilding_-_Google_検索

men_s_physique_-_Google_検索

これを見れば一目瞭然ですが、とあるフィジークコンテストのルールによると

審査員は、まず選手のトータルパッケージをみることから開始する。最初に頭から始め下へと進んで全体像を把握し、その上で肌の色艶および髪の毛、顔だちも考慮しなければならない。審査員は、全体のコンディションの状態と、個々の筋肉が形良くバランスの良いつき方をしているかを重視しなければならない。過度に発達した筋肉は、メンズフィジークの選手には好ましくない。

とあります。
とにかく、バランス重視なんです。

あと、下半身にも注目です。
ボディビルは、ビルダーパンツと言われるちっさいブーメランパンツみたいなものを履きますが、フィジークはなんとハーフパンツです。大腿四頭筋が隠れちゃってます。

フィジークボディになるには

とにかく、トータルバランスを考えたトレーニングが大切ではないでしょうか。
筋肥大を狙って高重量でガンガンやるというよりも、(時には必要だと思いますが)自重、有酸素、いろいろやってるカンジです。

しかし、決してボディビルダーより楽なトレーニングだとは思いません。

あとは、やっぱり栄養です。
これは食生活自体を変えないと難しいかもしれません。

【動画集】【フィジーク】世界一カッコいい体を持つ男たちの筋トレ風景

最後に

5月18日に大阪ボディビル連盟が主催で、第1回オープンフィジーク選手権が開催されます。
有名なパーソナルトレーナーの有馬康之氏もエントリーされたそうです。

フィジークが盛り上がってくることは間違いないですね。
フィジークに風が吹きはじめてます。

ボディビルダーみたいに筋肉が付き過ぎるのは嫌だという人は、フィジークボディを目指してみるのはいかかでしょうか?

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)
比嘉一雄
エイ出版社 (2013-05-21)
売り上げランキング: 72
スポンサーリンク